*寝屋川市の「アイメディカル香里コンタクトレンズ」は京阪電車香里園駅より、京阪バス「日新町(アルプラザ前)」バス停下車すぐ。コンタクトレンズに関わる様々な情報を発信します。土曜日・日曜日も営業。武田眼科クリニック併設のコンタクトレンズ販売店です。
TEL 072-837-1146
〒572-0029 大阪府寝屋川市寿町57-17 MAP
「武田眼科クリニック」  クリニックHP >>
TEL 072-837-1146
〒572-0029 大阪府寝屋川市寿町57-17 MAP
「武田眼科クリニック」  クリニックHP >>

その他

その他
最近注目されている重症のコンタクトレンズ障害ですが、まったく自覚症状はないまま、角膜の内側の細胞(角膜内皮細胞)が少しずつ減少していき、将来角膜が白く濁ったり、白内障手術が困難になったりするものがあります。
病名
  • 角膜内皮障害酸素を透過しないレンズや水分をあまり含まないレンズを長時間、長期間使用すると酸素が十分供給されないため、角膜の内側の細胞(角膜内皮細胞)が脱落していきます。この内皮細胞は障害を受けると再生されません。
症状
  • 自覚症状が全くない(ことも大きな問題です。)
原因
  • 慢性の酸素不足が原因です。
    (特に装用したまま眠ってしまう方、期間を過ぎても新しいレンズに変えない方、装用期間が長い方などは注意が必要です)
対策
  • 将来的なことを考え、十分な酸素を供給できる材質のコンタクトレンズに変更する、眼鏡に変更するなど
    (酸素透過性の高いレンズや、含水性の高いレンズはレンズの寿命が短く、価格も若干高いですが、目の安全を考えると一番です)
PAGETOP
Copyright © 2020 アイメディカル香里コンタクトレンズ All Rights Reserved.