*寝屋川市の「アイメディカル香里コンタクトレンズ」は京阪電車香里園駅より、京阪バス「日新町(アルプラザ前)」バス停下車すぐ。コンタクトレンズに関わる様々な情報を発信します。土曜日・日曜日も営業。武田眼科クリニック併設のコンタクトレンズ販売店です。
TEL 072-837-1146
〒572-0029 大阪府寝屋川市寿町57-17 MAP
「武田眼科クリニック」  クリニックHP >>
TEL 072-837-1146
〒572-0029 大阪府寝屋川市寿町57-17 MAP
「武田眼科クリニック」  クリニックHP >>

乾燥する・くもる

乾燥する
くもる
コンタクトレンズは角膜に直接触れるのではなく、涙を介して角膜の上にのっているため、十分な涙があればレンズは目の表面でスムーズにうごくことができ、角膜に傷をつけることはありません。涙の少ないドライアイの方はレンズと角膜が接触してトラブルを生じやすい目といえます。
病名
  • ドライアイドライアイにも色々タイプがあり、すべての人にコンタクトレンズが装用できないわけではありません。
    (問題は涙の量はなく、質(安定性)といわれています) 原因は環境や生活習慣の影響が大きいといえます。

    たとえば
    • ◎パソコン、テレビ、スマートフォン(長時間画面を見るとまばたきが少なくなり乾燥しやすくなる)
    • ◎エアコン(空気が乾燥して、目が乾きやすくなる)
    • ◎コンタクトレンズ(ムチンが分泌されにくくなり、レンズの汚れも涙を広がりにくくする)
    • ◎睡眠不足、ストレス、疲労、ある種の精神安定剤や降圧剤(涙の質や量が低下する)
    などがあげられます。

    対策
    足りない涙を点眼薬で補う(涙の成分に近い人工涙液の頻回点眼など)その他、日常生活での工夫として、
    • ◎パソコンの画面は見下ろす位置に、まばたきは意識的に増やし、こまめに休む
    • ◎エアコンの風は直接当たらないように、加湿器を使用する(湿度を保つ)
    • ◎コンタクトレンズの装用時間を短くし、目が疲れたら眼鏡に変える
    • ◎目が疲れたら休ませる、リラックスを心がける
    などで、生活のなかの目が乾きやすい要因をできるだけ、減らすようにしましょう。
PAGETOP
Copyright © 2020 アイメディカル香里コンタクトレンズ All Rights Reserved.